多くの人々の願い「長寿と健康」を私たちは食の面からサポートします。

会長あいさつ

 昭和22年日本栄養士会京都府支部として発足し、昭和61年には社団法人京都府栄養士会となり、これまで、本会の目的である京都府民の健康づくりと福祉の増進に寄与してきました。
 平成20年12月1日公益法人改革関連法が施行されて以降、早期に公益法人への移行を目指して様々な準備を進めてまいりました結果、平成23年4月1日から公益社団法人京都府栄養士会として新たな一歩を踏み出しました。
 私たち管理栄養士・栄養士は、栄養や食事をとおして人々を健康で幸せにできる知識や技術をもつ専門職(公的資格者)として、その実践活動により社会に貢献することを使命としています。
 「HEALTH for ALL」~すべてのひとびとに健康を~(第39回日本栄養改善学会:平成4年京都開催)に込めた思い、『次代の子どもたちと全ての人々の健康のために栄養・食生活の面から積極的にアプローチを続けていきたい、21世紀の子どもたちに健康な未来を約束できるようにとの願い』を持ち続けます。
 今後は、これまで以上に、保健・医療・福祉及び教育の分野において、職業倫理と高度な専門性を以って、科学的根拠に基づく食と栄養の指導や支援をとおして、府民の公衆衛生の向上に寄与することにより社会的責務を果たしてまいります。
 会員一同、「すべての府民の皆様に健康を」を願って、微力ながら努力してまいりますので、府民の皆様、また関係機関・団体等の皆様方の一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

平成23年6月

会長 岸部公子

ホーム栄養士会とは>会長あいさつ


Copyright (C) KYOTO-EIYOSHIKAI. All Rights Reserved.